レディ

快眠できるグッズは沢山ある【いびきを予防して良質な眠りにつく】

身近にあるあったか効果

男女

遠赤外線の物体を温める性質は、数多くのことに利用されています。人々にとって有益な面が大きいですが、暖房器具を使う際には室温の上げ過ぎで体調不良を引き起こすなど、注意しなければいけない点も少なからずあります。

詳細を読む

しっかり寝て疲れスッキリ

カップル

予防の秘訣は呼吸にあり

単にやかましいだけでなく、いびきは良質な眠りをも遠ざけますから、疲労感が抜けず、日中に眠気を誘発する原因にもなります。そのため、いびき防止グッズを使って、質の高い睡眠を手に入れましょう。いびき防止グッズは豊富に販売されていますが、口呼吸を抑えるタイプや鼻呼吸をサポートするタイプなど、いろいろなグッズが揃っています。口呼吸を抑制するタイプでは、口にはめ込むマウスピース型も優れたグッズです。下あごを持ち上げて気道を開く効果があるので、空気の通りを良好にしてくれます。呼吸を効率的にすることでいびきを防止する仕組みですが、このタイプは病院などの治療でも活用されており、医療用具では高い効果があることも特色です。

鼻が詰まっていても大丈夫

気道が狭くなっていることが、いびきをかく時の状態でもありますが、その場合では空気の取り込みが正常に行えないため、酸素が不足する状況にもなっています。酸素の供給量が減れば脳も酸素不足になりますので、記憶力や判断力の低下をはじめ、集中力や思考力も下がるなど、脳機能に影響を与える恐れがあります。ですから脳の働きや健康を維持するうえでも、できる限り日頃からいびきを予防しておくことが肝心です。しかし鼻が詰まっている場合は、どうしても口呼吸となり、いびきを誘発しやすくなります。また、この場合では口呼吸を抑制するタイプでは息苦しくなるため、適さない傾向もあります。そこで鼻詰まりの時は、鼻孔を広げるタイプのグッズがおすすめです。このタイプのグッズなら、いびきと共に鼻の詰まりも軽減してくれますから呼吸が楽になり、質の高い眠りを期待できます。

注目のアイテム

入浴

近年、湯たんぽが温活アイテムとして脚光を浴びています。しかし、使い方には注意が必要です。低温やけどなどをしないように、温め方のコツを知っておきましょう。また、ペットボトルも簡易湯たんぽとして使うことができます。

詳細を読む

女性特有の悩みを解消する

女性

40代以降の女性が抱えやすい体調の変化や不調を改善したいときは、女性ホルモンを増やすことを意識しましょう。規則正しい生活をしたり、腸内環境を整えるなど食生活を見直すのもよい方法です。また、女性ホルモンを増やすために、サプリメントで大豆イソフラボンを摂取する方法も人気です。

詳細を読む