注目のアイテム|快眠できるグッズは沢山ある【いびきを予防して良質な眠りにつく】
女の人

快眠できるグッズは沢山ある【いびきを予防して良質な眠りにつく】

注目のアイテム

入浴

湯たんぽを使おう

温活をしてきれいになろうと考える女性がかなり増えています。企業もそこに需要があると考え、さまざまな温活アイテムを販売するようになってきました。近年注目されている温活アイテムが湯たんぽです。しかし、湯たんぽを使うときは注意しなければいけないこともあります。汗をかかないように温めることと、やけどしないように配慮することが大事です。汗をかくのは体が温まった証拠と考える人が多いですが、気化熱によって体温が下がります。汗をかくほど温めないように気をつけましょう。また、湯たんぽは身体を優しく温めてくれるアイテムですが、1ヶ所を長時間温めると低温やけどする可能性もあります。こまめに温める場所を変えるようにしましょう。

どう温めるか

湯たんぽを使って温活をするなら、ちょっとした工夫をすることでより効果を高めることができます。湯たんぽで身体を温めるコツを知っておきましょう。まずは、湯たんぽをお腹に抱えて温めます。そして、太ももの全面からお尻、二の腕へと移動させていきましょう。これを何度かループさせることで、身体はかなり温まります。各部位を温める時間ですが、それぞれ3分から10分を目安にしましょう。そして、加熱を繰り返すうちに湯たんぽは冷めていきます。ぬるい湯たんぽを当てても効果は少ないです。こまめにお湯を入れ替えるようにしましょう。ちなみに、ペットボトルも簡易湯たんぽとして使うことができます。経済的な温活アイテムと言っていいでしょう。